暇ニャン速報

2chまとめのまとめを行います。

未分類

29年ぶりプロ野球に荒ぶる青森のテレビ欄、担当者に迫る

投稿日:

29年ぶりプロ野球に荒ぶる青森のテレビ欄、担当者に迫る

出典元:河北新報(2017年6月28日付朝刊)

「職業野球は遠い出来事だった」

プロ野球公式戦「楽天対オリックス」が6月28日、青森県弘前(ひろさき)市のはるか夢球場で開催された。

同県では1988年以来29年ぶりの一軍戦で大いに盛り上がったが、同時にテレビ中継の番組表も「テンションが高い」とインターネット上で話題を呼んでいる。

作成した宮城県仙台市の東北放送(TBC)の担当者に、狙いを聞いた。

寺山修司のエッセイを引用

番組表は28日、生中継を行う青森県や宮城県の地元各紙に掲載された。

出典元:河北新報(2017年6月28日付朝刊)

出典元:河北新報(2017年6月28日付朝刊)

テレビ欄は「本州のいちばん北のはずれに住んでいた私たちに…」と感慨深げな言い回しで開幕。

ともに同県出身で、作家の寺山修司氏(弘前市)や元プロ野球選手で当日解説を務めた太田幸司氏(三沢市)が登場したと思いきや、今度は青森に転勤する男性と恋人の小話が展開される。

確かに、平成に入って初めての一軍戦に興奮を抑えられないように見える。

期待感の大きさを表現

TBCスポーツ部の担当者が、IRORIOの取材に経緯を明かしてくれた。

今回、私は当日の野球中継にも関わっており、5月に弘前市の球場に下見に行った際、地元のテレビ局やスタッフの皆様の「プロ野球を待つ」期待感の大きさを感じました。

プロ球団のなかった時代の宮城でも、年に数回、旧宮城球場(※現・コボスタ宮城)にやってくるプロ野球の試合はとてもまぶしく、華やかで、遠い世界のことのように思われました。

担当者は楽天が創設された2005年から、球団の取材を続けているという。

今やプロの球団が地元にあることが当たり前のようになっています。

しかし、かつては弘前出身の詩人の気持ちと同じだったことを思い出し、プロの球団が地元にあることの幸せを再認識するとともに、29年ぶりにプロ野球を迎える青森県の皆様も、また同じような気持ちなのでは、という気持ちを込めて作ったものです。

「職業野球」は寺山譲り

冒頭の「職業野球」という、現代では見かけない表現も注目を集めた。

冒頭文は、寺山修司のエッセイ「野球少年の憂鬱」の一節です。

文章をそのまま引用したので、ここに「プロ野球」とあれば、そう書いたと思います。

結果として「職業野球」がある種の「引っかかり」となり、文章を読んだ方が感じて頂けたのであれば、それはよかったと思っております。

テレビ欄後半は、引越し会社のCMのパロディーだそうだ。

意外にも作成時間は、他試合と特に変わりないという。

「縦読み」のパズルのような作業とは違い、アイデア一発ですから。

青森の皆様にはご迷惑を…

今回、話題になったことについては前向きに捉えている。

どうやら多くの方は、青森の新聞社かテレビ局の担当者がプロ野球が来ることに嬉しさ余って、混乱気味に文章を書いたと思われたようで、青森の皆様にはご迷惑をおかけしました。

ただし、プロ野球の青森開催を同じ東北の人間としてうれしいと思うのはその通りですし、これをきっかけに普段は野球に興味のない皆様にも「中継を見てみようか」というきっかけになってくれていたら、ありがたいと思います。

試合は、楽天が本塁打2発や地元出身の細川選手の活躍により、3対2で白星を飾った。

これまで青森県が一軍戦が行われなかったのは、主に設備面の条件を満たす球場がなかったためだ。今回は、弘前市が市営球場を大規模改修したことで実現した。

次回の一軍戦は、きっと遠くないうちに開かれるだろう。「テンションが高い」テレビ欄が、また読めるかもしれない。

-未分類

執筆者:


関連記事

木下優樹菜が旦那・藤本の思い出のフィギュア等を勝手に捨てる「気持ち悪い」「本当に邪魔」

木下優樹菜が旦那・藤本の思い出のフィギュア等を勝手に捨てる「気持ち悪い」「本当に邪魔」 0 :ハムスター速報 2017年4月10日 16:42 ID:hamusoku 木下優樹菜 夫・藤本敏史の思い出 …

花火と稲妻が同時に光ったまさかの瞬間が撮影される

花火と稲妻が同時に光ったまさかの瞬間が撮影される 7月4日、ミネソタ州フェアモントで開催されたイベントで花火が打ち上げられました。 花火が打ち上がった時に、夜空に同時に稲妻が走るという珍しい現象が起こ …

no image

痴漢を疑われ、任意に事情聴取と確認して警察署についていくと「はい、逮捕な」

痴漢を疑われ、任意に事情聴取と確認して警察署についていくと「はい、逮捕な」 これから紹介する音声は実録したものです。 痴漢を疑われ任意の事情聴取と確認し警察署についていくと現行犯逮捕として手錠をかけれ …

no image

【一休さんみたいな店】悔しいけど反論できなかった天才的な返し

【一休さんみたいな店】悔しいけど反論できなかった天才的な返し 1. 息子が大好きなお饅頭食べてるときに、「パパとママどっちが好き?」と聞いたら少し考えてからお饅頭2つに割って「どっちが美味しい?」と俺 …

お金を食べた後に「げっぷ」も…話題の「カオナシ貯金箱」誕生秘話を聞いてみた

お金を食べた後に「げっぷ」も…話題の「カオナシ貯金箱」誕生秘話を聞いてみた 話題沸騰中の「千と千尋の神隠し カオナシむしゃむしゃ貯金箱」について、詳しい話を聞いてみた。 「カオナシむしゃむしゃ貯金箱」 …

×