今、世の中はSNS最盛期。FacebookやTwitter、InstagramといったSNSに、皆がこぞって自分の近況や写真を投稿しています。

特に若い世代にとって、ネット上に顔出しをするなんてごく当たり前のこと。何の抵抗もなく自撮り写真を投稿する人が多くいます。でも、そんな子どもを持つ保護者の立場からすると、ちょっと心配の種でもあります。

今回ご紹介するクリス・マーティンさんもその一人。


アメリカに住むクリスさんの心配は、娘のケイシーさんがSNSに投稿している自撮り写真。写真の中には、親からすると「ちょっと肌を露出しすぎだぞ」と注意したくなるものがありました。
しかし、多感な時期の娘にストレートに注意をしても、言うことを聞くことなんてありえない。

そこでクリスさんが考えた手段がこちらだったのです。

そう、娘の自撮りを自分がマネして、SNSに投稿するという無言の圧力!
この方法なら、娘が自分の写真を客観的にとらえて、行動を自重すると考えたのです。

娘さんからすると、これはきっつい!
クリスさんのこの娘パロディ写真は一年ほど前から話題になり始めたのですが、今もこのシリーズが続いているのをみると、その効果はあまりなかったみたい。

でも、娘さんとの関係は良好のようで、すごく羨ましい親子関係を築くことが出来たようです。