仮想通貨にゃんこ速報

仮想通貨速報ニュースのまとめを投稿します!

未分類

カルダノ(ADA)資産ホルダーに憂いなし。未来に希望あり。

投稿日:

カルダノ(ADA)資産ホルダーに憂いなし。未来に希望あり。

カルダノ(ADA)資産ホルダーに憂いなし。未来に希望あり。

CryptoRecorder

記者:ニコラスさん

20181215

今現在、暗号通貨資産をホールドしている人はあまり喜んではいないだろう。だからといって、ほとんどのアルトコインが90%を超えて下落しているときに現在の価格で売ってしまうのも、残念ながら金融面であまり賢明とはいえない。今現在ホルダーの人にとって唯一の希望は待つことである。しかし、ほとんどのプロジェクトがベーパーウェアであり、弱気市場が終焉を迎える頃には消えてしまっている可能性があることを思えば、これにはリスクもある。このような不安定な市場で、カルダノ(ADA)の立ち位置はどこにあるのだろうか。

ファンダメンタルズから考えると、カルダノは最も見込みのあるアルトコインの1つであろう。カルダノが有望である理由の1つは、その全開発プロセスを通じて資金が確保されていることである。

このことは、投資家であれば目を光らせて注目すべき最も重要な要因であると考えられる。現在の弱気指標が2019年まで持ち越されれば、現在開発中の多くのプロジェクトが資金を失い、消えてしまうであろう。このため、2020年まで十分な資金のあるカルダノのようなプロジェクトにとって、この要因こそが安全の源なのだ。相場の低迷がどれだけ続いてもなお、カルダノ(ADA)は存続するであろうことを投資家たちは確信している。幾年もの弱気相場によって持続可能性が危ぶまれるような暗号通貨を資産にしておくよりも、この方が遥かに安心なのだ。

資金が確保されていることのほか、カルダノは開発にも打ち込んでいる。これまで、IOHKチームは技術面でこのプロジェクトを大きく前進させてきた。安全性の高いPoSアルゴリズムであるウロボロスへの取り組みに成功し、ダイダロスにも取り組み、2019年早々に、Shelleyのリリースも予定している。昨日もチャールズ・ホスキンソン氏がカルダノ1.4について1218日のリリースを発表している。このリリースの詳細についてチャールズは次のようにツイートしている。

「品質保証の作業により7つのリリース候補の洗い出しと膨大な作業の末、われわれが最大限に努力して1218日というカルダノ1.4のリリース日を発表することができて嬉しいです。ダイダロスのユーザーには来週にもアップデートのご案内ができるでしょう。これまで待って支えてくれた皆様に感謝します。」

これを見ても、開発の進捗状況が良好であることがわかり、相場は弱気でも投資家には安心材料となる。最大の進歩はShelleyのリリースであり、これによって投資家たちはカルダノ(ADA)のステーキングも開始することができる。このことによって、カルダノのステーキングによる不労所得を得るために投資家たちがカルダノにポジションをとるようになれば、需要に拍車がかかるであろう。相場は弱気でも、このことが近々、カルダノ(ADA)の価値を大きく押し上げることになる可能性もある。

カルダノの投資家たちにとって、もう1つの安心できる要因がこのプロジェクトの目標である。カルダノは第三世界の金融業務システムとなることを目指している。これを完遂すれば、既存の金融システムに代わって実際に使えるシステムを提供することにより、カルダノが何百万人もの人々を貧困から引き上げることも可能となる。この目標が実現すれば、結局は、カルダノ(ADA)が最も報われるプロジェクトの1つとして抜きん出ることになろう。

Anyone holding crypto bags at this point is not a very happy person. Unfortunately, selling at current prices, when most altcoins are down by over 90%, doesn’t make much financial sense either. The only hope at this point for anyone holding bags would be to wait. Though this is a risk too, considering that most projects are vaporware, and may die off before the bear market comes to end. In such an uncertain market, where does Cardano (ADA) stand?

Going by its fundamentals, Cardano is probably one of the altcoins that hold the most promise. One of the reasons why Cardano is promising is that it is assured of funding all through its development process.

This is probably the most important factor that investors need to keep an eye on. That’s because, if the current bear marker runs all the way into 2019, lots of projects currently under development will run out of funding, and they will probably die out. Therefore, for a project like Cardano that is fully funded until 2020, this is a source of safety. Investors are assured that no matter how low the market goes, Cardano (ADA) is still going to be around. This is far more reassuring than holding bags in a crypto whose sustainability in a multi-year bear market is not assured.

On top of having assured funding, Cardano is putting in work into development. So far, the IOHK team has made major progress in terms of the technical aspects of the project. They have successfully worked on Ouroboros, their highly secure POS algorithm. They have also worked on the Daedalus wallet, and are expected to release Shelley in early 2019. Just yesterday, Charles Hoskinson announced that Cardano 1.4 will be released on December 18th.  Here is the detailed tweet from Charles with regards to this release.

After seven release candidates and a huge amount of QA work, I’m pleased to announce that our best effort release date for Cardano 1.4 is December 18th. Daedalus users will get an in-client update notification next week. Thanks everyone for your patience and support.

This goes to show that progress is making good progress in its development, and it’s reassuring for investors in spite of the bear market. The biggest progress will be the release of Shelly, which will also enable investors start staking Cardano (ADA). This will drive up demand as investors take positions in Cardano for the passive income that will come with staking Cardano. It could be a major value boost for Cardano (ADA) in the near-term, inspite of a bearish market.

Another reassuring factor for Cardano investors is the goal of this project. Cardano is aiming to become a financial operating system for the 3rd world. Once it is complete, Cardano could uplift millions of people out of poverty, by giving them a viable alternative to the existing financial system. As this goal gets actualized, Cardano (ADA) will stand out as one of the most rewarding projects for investors in the long-run.

引用元

https://cryptorecorder.com/2018/12/15/cardano-ada-bag-holders-dont-need-to-worry-there-is-hope-for-the-future%EF%BB%BF/

渡辺さんのyoutubeチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCCLHMbftUgCjIcQiKeaYG6A

 

テレグラム

https://t.me/takassan

▼Line@

https://line.me/R/ti/p/%40iqj5337n

個人Line

ID→takassan666

(Line電話は切ってます)

▼Facebook

https://www.facebook.com/profile.php?id=100016369898846

▼Instagram

https://www.instagram.com/takassan.t

たかっさん公式ブログ

https://暗号通貨バイブル.com/

▼youtube

https://www.youtube.com/channel/UClvv-5YldP8e_E5geg3fwLA

ツイッター

https://twitter.com/takassan333

今後とも、よろしくお願いいたします。

記事最下部SNSシェアボタンをぽっちとお願いします!

 

 

バイナンス口座開設

https://www.binance.com/?ref=35661897

BitMEXで100倍レバレッジ

https://www.bitmex.com/register/LdsrBw

コインベース

https://www.coinbase.com/join/59968ffcdacf4d01138c629b

【免責】投資は自己責任でお願いします. 【免責事項】 ・本動画の内容において、正当性を保証するものではありません。 ・本ブログ記事を利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。 ・期限付き内容を含でおり、ご自身で問題ないことを確認してください。 ・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。 以上をご了承の上でご利用ください。

The post カルダノ(ADA)資産ホルダーに憂いなし。未来に希望あり。 appeared first on .

-未分類

執筆者:


関連記事

no image

【11月末まで】BitPointに新規登録で3000円分のビットコインを貰おう!

【11月末まで】BitPointに新規登録で3000円分のビットコインを貰おう!

コインベースは、カルダノ(ADA)、ネオ(NEO)、テゾス(XTZ)などの31種類の資産の追加サポートを模索中!

コインベースは、カルダノ(ADA)、ネオ(NEO)、テゾス(XTZ)などの31種類の資産の追加サポートを模索中! コインベースは、カルダノ(ADA)、ネオ(NEO)、テゾス(XTZ)などの31種類の資 …

no image

Metamaskがハードウェアウォレット(TREZOR)に対応

Metamaskがハードウェアウォレット(TREZOR)に対応

no image

Android版Ginco、クローズドβ版テスト事前申込の追加募集を受付中!

Android版Ginco、クローズドβ版テスト事前申込の追加募集を受付中!

no image

あのビル・ゲイツやイーロン・マスクが「大成功する前にやめた悪い癖」知りたいか?wwwwwww

あのビル・ゲイツやイーロン・マスクが「大成功する前にやめた悪い癖」知りたいか?wwwwwww 1: 名無しさん 2018/10/11(木) 09:19:44.08 ID:CAP_USER Bill G …

×